新型抗菌ファイブヘルツについて

ファイブヘルツとは

ファイブヘルツは2006年、国の機関から依頼を受けて開発された画期的な抗菌消臭剤です。

閉所内での使用における効果と安全性が認められており、病気トラブルを防ぐ為の確実な抗菌消臭力に加え、アレルギー反応や肌荒れなどを起こさない高い安全性も両立させています。その後、民間技術への使用が開始され、ミストの開発、樹脂状のペレット加工に成功、現在、用途は無限に広がっています。


ファイブヘルツの特長

  • 安全な成分のみを使用
  • 効果的な抗菌性能
  • 長期持続
  • 中性・無刺激
  • 消費期限なしの安定性能

従来のアルコール除菌について

アルコール除菌ではアルコールが菌を包みますが、アルコールは揮発性が高い為、すぐに蒸発してしまいます。

そして残った菌や再付着した菌が24時間後には数十倍にも膨れ上がることがあります。

従来、多く使われているアルコールは有機溶剤の為、油脂成分を分解するので肌などに触れた時、肌にダメージを与えます。さらにインフルエンザやノロのような脂質膜状構造を持たないウイルスにはアルコール系除菌剤では効果がありません。セレウス菌、ウエルシュ菌、破傷風菌に代表される耐性の強い細菌である芽胞菌はアルコールでは除菌できません。


《次亜塩素ナトリウムとの比較》


なぜ抗菌消臭できるの?

細菌やウイルスなどの細胞は周囲がマイナス電荷で覆われています。ファイブヘルツは抗菌効果のあるプラスイオンを特殊技術で大量に発生させることに成功、プラスイオンが細菌やウイルスなどのマイナス電荷を取り除くことで菌やウイルスなどを一瞬で死滅、不活性化させます。臭いのもとになる菌などが抗菌されることで消臭も可能となるのです。


固形樹脂(パウダー入り素材)と 液体ミストの違い

固形樹脂は、その表面から常にプラスイオンを発生しているため、その効果は超長期にわたります。効果としては実はほぼ半永久的なのですが、間違いなく効果が持続する期間として10年とお伝えさせていただいています。

 

液体ミストは、防腐剤であるポリアミノプロピルビグアナイドという成分に、非常に多量のプラスイオンを付着させることで、抗菌消臭効果を発揮します。水溶性ですので、完全に揮発した段階で効果は終わります。

室内空間の通常の使用では、吹き付けた個所の抗菌消臭効果は1~2週間持続します。衣類などに吹き付けた場合、洗濯するとファイブヘルツのプラスイオンが流れてしまい効果は終了します。

固形樹脂タイプ : マムズフレンド

液体ミストタイプ : 抗菌消臭ミスト



お問い合わせ先

有限会社 トロフィー佐藤

〒130-0005 東京都墨田区東駒形1-5-5

Tel : 03-3626-8241  (平日10:00~18:00)

E-mail : info@grand-prix.jp

【リンク】 こちらもオススメ